プレスリリース


日本最大級のモビリティサービス・プラットフォームTLUNCH、累計流通総額10億円、累計食数150万食を突破!
株式会社Mellow

モビリティサービス・プラットフォームを展開する(株)Mellowは、フードトラックによるランチ提供サービス「TLUNCH」が、サービス開始から2年10ヶ月で累計流通総額10億円、累計食数150万食を突破しましたのでお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/31879/14/resize/d31879-14-288790-5.png ]

 

[画像2: https://prtimes.jp/i/31879/14/resize/d31879-14-306856-6.png ]

■TLUNCHとは
なんでもない場所を、おいしい場所に。
TLUNCH(トランチ)は、ビルの「空きスペース」と「フードトラック」をマッチングするプラットフォームです。500店のフードトラックと提携しています。おいしい料理を提供してくれるフードトラックが日替わりで訪れることにより、飽きずに楽しくランチタイムを過ごせる人が増え、これまで活用されていなかった空きスペースに「賑わい」と「新たな収益」が生まれます。

■成長の背景
営業スペースは120箇所、オフィス街以外での導入も増加中
TLUNCHは、オフィスワーカーへの食の支援を皮切りにサービス提供を開始し、ビジネス街を中心としたスペース開発を行い、スペース数、提供食数を伸ばしてきました。そのなかで、2018年ごろよりモビリティの機動力や利便性が着目され、今日のように大学や物流施設などをはじめとした様々なシチュエーションでサービス提供をするにいたります。

・大学での導入は3倍に増加

[画像3: https://prtimes.jp/i/31879/14/resize/d31879-14-922978-8.jpg ]

背景には大学特有の導入メリットがあります。
1.学食のキャパシティ補填 2.学生の休み期間や、オープンキャンパス、地域交流イベントでの食の需給に沿った柔軟な出店が可能 3.増加する外国人留学生をはじめとした食の多様化(ハラルフードなど)を実現 4.少子化、学生の地方分散化政策により、首都圏の学生の定員数の上限が下がっているなかで、多様な食を提供可能なフードトラックが学生のためのサービスとして有効である
以上の観点を大学と連携しながら出店計画を立てることで、大学でのフードトラックの導入は、サービス開始の2016年から3倍に伸びるなど急増しています。

・「TLUNCH×豊洲市場」では1,400食/日が完売

[画像4: https://prtimes.jp/i/31879/14/resize/d31879-14-584414-9.jpg ]

Mellowは、2019年1月12日より毎週土曜日に行われる、東京都が開催する食の体験を通じて豊洲市場の賑わいを創出するイベント「豊洲市場oishii土曜マルシェ」に参画中です。市場仲卸から直接仕入れた新鮮な食材を活用した魚介の特別メニューを振る舞うフードトラック「TLUNCH×豊洲市場」を展開しています。
第2回となる1月19日には1日1,400食が完売。外国人観光客や近隣住民も多く訪れ、豊洲市場の食材を「食べて楽しむ」「買って楽しむ」体験を通じて賑わいを創出することを目的とした本イベントにおいて、メインコンテンツである「食」の提供を支援しています。

このように、ビジネス街のオフィスワーカーへの食の支援以外にも、フードトラックの活躍の場、需要は増え続けています。

■今後の展開
・専門学校においてフードトラック開業授業を実施
フードトラック営業スペースが増加していく一方、フードトラック開業者数も増加し続けています。(※グラフ1)

[画像5: https://prtimes.jp/i/31879/14/resize/d31879-14-904842-7.png ]

今冬レコールバンタン・キャリアカレッジのカリキュラム「開業&副業プランニング」において、自身もカフェトラックを営業していた経験を持つ、Mellow共同代表の石澤が講師に招かれ、フードトラック開業のための授業を行います。飲食店固定店舗の廃業率が開業から2年で約50%にのぼる今般、フードトラックが料理人のキャリアの1つの選択肢となるよう、時代のニーズと個人のライフスタイルにあった飲食店開業のサポートを支援します。

・キャッシュレス/データ活用
TLUNCHでは、2016年にスマートフォンアプリによる事前決済の実証実験を行うなど、早くからキャッシュレスなユーザー体験とデータ活用に着目してきました。今後はQRコード決済を中心にキャッシュレス環境の整備を進める同時にフードトラックのシェフに提供するデータの拡充をはかります。

・モビリティサービスのラインナップ拡充。今春、朝のパントラックを準備中
これまではランチタイムのフードトラック展開がメインでしたが、2017年には夜の居酒屋トラックの検証を開始し、2018年にはオイシックス・ラ・大地株式会社と協業でミールキット販売トラックの実験販売も行いました。さらに、食以外にもモビリティサービスの展開を広げており、2018年にはもみの匠と協業でリラクゼーショントラックの実証実験もスタートしました。現在は朝に焼きたてのパンと挽きたてのコーヒーを提供するフードトラックを準備中です。
さらに、ネイルトサロントラック、ポップアップショップトラック、パーソナルジムトラック、占いトラック、靴磨きスマホ修理トラックなど、多種多様なモビリティサービスを必要な場所に・必要なときにお届けできるようラインナップ拡充を進めています。Mellowは今後もモビリティの特性を生かして「人を元気にするサービス」を追求していきます。

会社概要
会社名:株式会社Mellow(Mellow Inc.)
代表者:石澤正芳、森口拓也
資本金:1億5500万円
本社所在地:東京都渋谷区神南1丁目20-2 第一清水ビル3F co-ba jinnan内
会社ページ:https://www.mellow.jp/
受賞歴:日経トレンディ 世界を変えるスタートアップ大賞 選出(2018)、ICCスタートアップ・カタパルト 優勝(2018)、Forbes JAPAN 日本の担い手99選 選出(2018)、週刊東洋経済 すごいベンチャー100 選出(2018)、グッドデザイン賞(2018)