魚住昭「わき道をゆく」