【特別企画】熟練校閲者からの挑戦状(講談社校閲部)/サラリーマンこそ経営すべし(三戸政和)【新刊エッセイ】『今夜はひとりぼっちかい?」(もしくは、『日本文学盛衰史 戦後文学篇』)の作られ方(高橋源一郎)/なぜ毎度、二年開くのだろう(本谷有希子)/戦乱は民衆にとって何だったのか(倉本一宏)/「大風呂敷」の理由(早島大祐)/深海にそびえ立つ海山と、超深海へ落ち込む海溝と(蒲生俊敬)/「立ち帰り」キリシタンと潜伏キリシタン(神田千里)/もっとかっこいい城好きに(千田嘉博)【連載】鉄道ひとつばなし(原武史)ほか

最新号は 8月25日(土曜日) リリース!

年間購読はこちら

『未来の中国年表』出版記念イベント! 9/25(火) 19時 @遊学堂

天皇が持つ、「権威とカリスマ」の根拠とは
意外に語られない「呪術的側面」 
大津 透