京都の境内でこの看板は多く見られるのだが… Photo by iStock