刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

世界の賢人12人が見た ウクライナの未来 プーチンの運命

時事問題

世界の賢人12人が見た ウクライナの未来 プーチンの運命

クーリエ・ジャポン プロフィール

ユヴァル・ノア・ハラリ、トマ・ピケティ、ノーム・チョムスキー、フランシス・フクヤマ、ジョージ・ソロスなど世界の賢人12人によるウクライナ戦争についての最新論考を緊急出版。戦争が起きた背景、プーチンの狙い、これからの世界秩序について、日々の報道では見えてこない深い視座を得られるだろう。第一章 この戦争が意味するものユヴァル・ノア・ハラリ「ロシアの侵略を許せば世界中の独裁者がプーチンを真似るだろう」ニーアル・ファーガソン「プーチンはウクライナ戦争で何を目論んでいるのか」ノーム・チョムスキー「ウクライナ戦争による米露対立は、全人類への死刑宣告になる」〈世界のコラム〉「世界の軍需企業」はウクライナ戦争でこれほど莫大な富を得ている第二章 プーチンとは何者なのかミシェル・エルチャニノフ「世界はプーチンの核の脅しを真剣に受け取ったほうがいい」ウラジーミル・ソローキン「プーチンはいかにして怪物となったのか」キャサリン・メリデール「プーチンが恐れているもの、それは自身の死と民主主義だ」〈世界のコラム〉ウラジーミル・プーチンという男の思考回路を読む第三章 いま私たちに求められているものトマ・ピケティ「欧米諸国の考える『制裁措置』は“標的”を大きく見誤っている」タイラー・コーエン「利他主義や慈善は戦時にどう対処すべきか?」フランシス・フクヤマ「プーチンは完敗するーー私が楽観論を唱える理由」〈世界のコラム〉ウクライナ侵攻のシンボルになったアルファベット「Z」の謎第四章 この戦争の行方を読むジョージ・ソロス「プーチンと習近平は第三次世界大戦の引き金になろうとしている」ジョン・ボルトン「中国とロシアの協調こそが世界の脅威になる」ロバート・ケーガンほか「ウクライナが“完全支配”されたら何が起きるのか?」〈世界のコラム〉プーチンが「核のボタン」を押すなら、どこが標的となるのか

定価990円(税込)

ISBN9784065285169

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto