刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

山中教授、同級生の小児脳科学者と子育てを語る

コミュニケーション

山中教授、同級生の小児脳科学者と子育てを語る

山中 伸弥 プロフィール
成田 奈緒子 プロフィール

「僕もけっして優等生ではありませんでした。 この本を通して、悩んでいるすべての親御さんに アドバイスをお届けしたい」(山中教授)ノーベル賞科学者は子どもの頃どう育てられて、わが子をどう育てたか?山中伸弥教授が同級生の小児脳科学者・成田奈緒子医師と「子育て」について語り合う!これまでいくつかの書籍を刊行してきたノーベル賞科学者・山中伸弥教授だが、「子育て」について書いた本はまだ一冊もない。どうすればわが子が山中教授のように育つのか?を知りたい全国の親御さんに届ける子育て本。神戸大学医学部時代の同級生で、山中教授の「勉学の恩人」でもあった小児脳科学者・成田奈緒子医師が、山中教授がこれまで語ったことのない本音を引き出します。一方で、成田医師は子育ての専門家。成田医師が披露するさまざまな「子育ての新しい知見」に、山中教授がワクワクしながら質問をしていく。同級生の親密さがあるからこそ展開される、丁々発止のやりとりを通して、最新の子育てが学べます。二人が共通して注目するのが「レジリエンス=乗り越える力」。これからの難しい世の中を、しぶとく生き抜いていくためには、この力がもっとも大切だという結論に至ります。他にも「ほったらかしが子供を伸ばす」「親子でええかっこしいをやめる」など、目からウロコの提言満載!第一章 「ほったらかし」が子どもを伸ばす第二章 親子で「ええかっこしい」をやめる第三章 良い習慣が脳を育てる第四章 常識を疑える子どもに育てる第五章 レジリエンスを身につけさせる第六章 しぶとい子どもは目線が違う

定価990円(税込)

ISBN9784065259122

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto

記事一覧