刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

ゼロからわかるファイナンス思考 働く人と会社の成長戦略

経済・マネー 組織・マネジメント

ゼロからわかるファイナンス思考 働く人と会社の成長戦略

朝倉 祐介 プロフィール

会社が成長する仕組みを知れば、現場の打ち手がわかる。「いまの仕事」を「5年後の自分の進化」につなげる、ビジネスパーソンの基礎教養。▼ミクシィ元CEOのスタートアップ投資家が限界までシンプルに教える。・ジョブズやベゾスの頭の中を盗む・PLとBSはつなげて理解する・「ファイナンス」には4つの活動がある・資本主義の仕組み、株式会社の仕組みを理解する・「キャッシュ」「資本コスト」「成長投資」を重視する・「企業価値」を理解する10年後に会社がよくなっているために、いま必要な決断は何か?ひたひたと経営危機が迫る中堅メーカーの社長と3人の社員が「ファイナンス思考」を突破口に未来を切り拓く。本文とストーリー漫画による解説で、財務諸表の読み方・活かし方、ビジネスパーソンが経営視点で仕事をする術が、驚くほど簡単に理解できます。◆目次◆プロローグ ある社長の深い悩み第1章 株式会社には守るべきルールがある  まず「資本主義の仕組み」「会社の仕組み」を理解しよう第2章 PLとBSを知るのが、はじめの一歩 PLとBSをざっくり理解する第3章 PLとBSのつながりを理解する つなげて見るとPLとBSがもっとよくわかる第4章 いよいよファイナンス思考の入り口、「企業価値」を知る そもそも会社の価値は何でできている?第5章 銀行と投資家からお金を集める ファイナンスA 外部からの資金調達第6章 事業を通じてお金を生み、それが次の投資の元手になる ファイナンスB 資金の創出第7章 お金と資産を何にどう使うか、未来を見つめて考える ファイナンスC 資産の最適配分第8章 ステークホルダーの理解と共感を集める ファイナンスD ステークホルダー・コミュニケーション第9章 未来への成長にブレーキをかけるPL脳 PL脳とは何か第10章 PLは作れる、しかしキャッシュはウソをつけない キャッシュの軽視――PL脳の問題点1第11章 集めたお金でリターンを上げるのは会社の責務 資本コストの軽視――PL脳の問題点2第12章 10年後もっといい会社になっているには? 成長投資の軽視――PL脳の問題点3第13章 GAFAと日本のトップ企業の時価総額差は何が原因? 「失われた30年」で起きた、これだけのことエピローグ 社員たちの決意

定価1650円(税込)

ISBN9784065235034

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto

記事一覧