刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

なぜニセコだけが世界リゾートになったのか 「地方創生」「観光立国」の無残な結末

経済・マネー

なぜニセコだけが世界リゾートになったのか 「地方創生」「観光立国」の無残な結末

高橋 克英 プロフィール

地価上昇率6年連続日本一の秘密は何か。新世界「ニセコ金融資本帝国」に観光消滅の苦境から脱するヒントがある。「客数より収益、消費より投資」が回す新しい経済を、富裕層マーケットに精通する著者が分析する。ローコスト団体旅行によるインバウンドの隆盛はただの幻想だった。かわりにお金を生むのは、国内に世界屈指のリゾートを作ることだ。平等主義に身も心もとらわれた日本人は、世界のおカネがどこに向かっているのか、その現実にそろそろ目覚めるべきではないだろうか。ニセコ歴20年、金融コンサルタントとして富裕層ビジネスを熟知した著者による、新しい地方創生・観光論。バブル崩壊以降、本当にリスクを取ったのは誰だったのか?【目次】第1章 ニセコはバブルなのか?一棟5億円超の別荘群が出迎え中国本土資本も進出第2章 日本の観光投資の敗北と外資による再生(1)東急から豪州、そしてアジアへ(2)西武から米国、そしてアジアへ(3)ラグジュアリーホテル続々開業第3章 ニセコに世界の富裕層が集まる理由(1)ホテルコンドミニアムという錬金術(2)世界的なカネ余りがニセコを後押し(3)なぜアジア富裕層はニセコを目指すのか第4章 ニセコの未来(1)世界最高級リゾートとの比較(2)「夏も強化」は正論ながら空論(3)富裕層向けサービスに特化する(4)新幹線開通と五輪開催第5章 ニセコに死角はないのか?(1)「外資VS.住民」と「開発VS.環境」(2)自然からの警告(3)縦割り行政の弊害第6章 観光地の淘汰が始まる(1)マーケティングより人間の意思(2)地方創生の幻想と東京……ほか

定価900円(税別)

ISBN9784065218341

オンライン書店で購入