刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

不謹慎な経済学

不謹慎な経済学

田中 秀臣 プロフィール

常識のウソを暴き、「正しい暴論」で世の問題を解き明かす新しい経済学の誕生!「パリス・ヒルトンは刑務所に入って得をした」「最低賃金を引き上げると、失業も雇用も悪化する」「官僚の天下りは、本当は正しい」「オリンピックやサッカーワールドカップが終わると、開催国は不況になる」 ……などなど、ちょっと聞くと「ウソでしょ?」と問い返したくなる言葉の数々。 しかし、これらはどれも、気鋭のリフレ派経済学者として活躍する著者が、まっとうな経済学の教えに基づいて考察した「正しい暴論」なのだ。決してただの逆説ではない。 経済格差やニート問題、萌え文化、国際的なテロの横行、愛とセックスとエクスタシー、それに日本銀行の迷走ぶり……と、さまざまな出来事や事象を材料に、世界の常識とされていることを、著者は「不謹慎」に次々と覆していく。 その根本にあるのは、「お金がすべてではない世界や、アンチ弱肉強食の世界を創るためにこそ、経済学は存在する」という信念だ。 そうやって著者の博識とユーモアと毒を楽しみつつ、経済や社会のカラクリを鮮やかに理解できる一冊である。●著者からのメッセージ 経済学と聞くと、人は「お金ですべての問題が解決できるとする考え方」とか「社会を弱肉強食化させようとする考え方」というイメージを持つかもしれない。しかし、僕が考える正しい経済学は、それとは正反対のものだ。経済学は、過度の競争が行われない社会や、弱肉強食化しない社会のあり方を考えるためにある。あるいは、「お金ですべての問題が解決できるわけではない」ことを学ぶためにこそ、経済学の存在意義がある。 それを説明するため、一見、経済とは関係なさそうな話題を取り上げたり、世間で常識とされていることをひっくり返すような逆説(?)を掲げたりしながら、話を進めてみたい。そう考えて書いたのが本書である。

定価1430円(税込)

ISBN9784062820813

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto