刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

30女という病 アエラを読んでしまう私の悲劇

30女という病 アエラを読んでしまう私の悲劇

石原 壮一郎

『アエラ』尾木和晴編集長推薦!?『アエラ』(朝日新聞)の「仕事」「恋愛」「結婚」「出産」がらみの記事が、つい気になってしまうあなたは、「30女という病」です。かっこよく働いて、合コンして、年下クンと遊んで、そこそこの彼と結婚し、ブランド産院で出産しても、なんとなく窮屈だったり、モヤモヤした焦りに包まれている女30代。「世間の女たちと比べると私ってどうなの?」 と、ついつい『アエラ』の女性特集記事を読んで、自分の立ち位置を確認してホッとする。本書は、大人モノの元祖&本家として大人シーンを牽引し続けるコラムニストの石原壮一郎氏が、お節介は承知のうえ、真の「大人の女」になりきれない迷える30女たちの言動や思考をあれこれ診察し、適切な治療法を解説。幸せで実り多い30代を過ごすための愛の処方箋です。30代の女性、30代予備軍、そして30女を彼女・妻にもつ男性に役立つ一冊です。「30女という病」の症状は以下のとおり。・飲食店の「店員の質」に文句をつける・スピリチュアル方面に身をゆだねる・結婚はしたくないけど子どもは欲しい・パリの路地裏にやたら詳しいのが自慢・『私、○○な人だから』と言えてしまう・合コンの回数ばかり重ねてしまう・同じ女として、彼女のことは許せない・最近、イイ男がいないと言いたがる・とにかく『キャリアアップ』を目指したい・『しょせん専業主婦』扱いに逆上する・自分の幸せを主張せずにはいられない・結婚への期待や幻想がふくらみ過ぎている などなど・・・(著者より) 親愛なる30代女性のみなさん、もしかしたら、みなさん近ごろ、お疲れではないでしょうか。あるいは、何となく窮屈な思いをしていたり、漠然とした悩みや焦りに包まれたりしてはいないでしょうか。 30代女性のみなさんにおかれましては、本書を通じて、自分の中にひそむ「30女という病」を自覚し、果敢に立ち向かっていくことで、持ち前の魅力にさらに磨きをかけ、より幸せで実り多い30代を過ごしていただければ、これに勝る喜びはありません。そんなみなさんの姿

定価1540円(税込)

ISBN9784062820653

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto