刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

米朝開戦 そのとき、日本はどうなる!?

米朝開戦 そのとき、日本はどうなる!?

須川 清司

国際情報のプロが圧倒的ディテールで描く、日本の眼前にある危機――。日本の外交に、「主権国家としての本源的な力」を取り戻すためになすべきこと――。●国益の極大化を目的とした「利害得失計算」をせよ。●自衛隊を派遣するなら、「アメリカに高く売る」発想を持て。●「アメリカについていくのが国益」を疑え。●情報は「ギブ&テイク」。他国に提供しうる「質の高い」情報を持て。●「日本の利害」を第一に考えて行動し、たとえ同盟国でも利用すべきは利用せよ。●アメリカの動向を調べ尽くして、「追従外交」から脱却せよ。●外交をマルチ化し、ときには中国や韓国、ロシアともタッグを組め。人間の身体に喩えれば、軍事は手足であり、国家戦略や構想力を含む広義の外交が頭脳である。憲法9条という手かせ足かせをはずしても、肝腎の頭が悪ければ、自ら傷つくか、他人のいいように使われるか、――いずれにしてもろくな事態は待っていない。手足を鍛えるなら、頭(=「戦略的な思考力」)も鍛錬しなければ危ういだけだ。日本外交にとって最も必要なことは、「戦略的な思考力」を身につけることである。――<本文より>

定価1760円(税込)

ISBN9784062820417

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto