刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

医療詐欺 「先端医療」と「新薬」は、まず疑うのが正しい

医療詐欺 「先端医療」と「新薬」は、まず疑うのが正しい

上 昌広 プロフィール

STAP細胞騒動、終わりなき患者のたらい回し、何を信じてよいのかわからない高度医療の実態……、医療崩壊列島ニッポンで超高齢社会を生き抜くための知恵を、「医療ガバナンスの旗手」が授ける。本当に役立つ医療とは? 医療をダメにする本当の「癌」とは? 患者=一般市民だけが知らない「医療の不都合な真実」を糺す!はじめに 患者と医師の間の不幸な誤解不都合な真実 1 先端医療を食い物にする御用学者不都合な真実 2 海外の特効薬が日本で承認されない理由不都合な真実 3 大国立病院が軽症患者に占拠される実態不都合な真実 4 救急車の患者たらい回しの「レッドゾーン」不都合な真実 5 なぜ東北地方の急性白血病患者が多いのか不都合な真実 6 薩長閥が作った歪な医師西日本偏重不都合な真実 7 首都近郊の後期高齢者を待ち受ける地獄絵不都合な真実 8 必須の「医学部新設」を阻む利権屋たち不都合な真実 9 医療訴訟が本当に倒すのはだれか不都合な真実 10 医療にも「ビジネスクラス」を

定価924円(税込)

ISBN9784062728577

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto