刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

ニッポンの底力

ニッポンの底力

町田 宗鳳

日本人の使命と「フクシマ遷都」という選択肢行動する宗教学者が歴史・民族・文明から語りつくした、国難を日本再生に変える道日本はいま、経済的に綱渡り状態にあります。なのに、選挙のたびに「国民のために」と絶叫する政治家たちは、被災地から遠く離れた東京で「作業服を着る」ジェスチャーは見せたものの、相変わらず緋毛氈が敷かれた国会議事堂の中で、「お前が悪い」と罵声を浴びせあっています。(略)フクシマを「折り返し点」として、日本だけでなく、人類文明そのものが大きく方向転換をする可能性すらあります。(略)そういう文明の「折り返し点」に真っ先に立たされた日本には、大きな使命があります。大げさに聞こえるかもしれませんが、それが比較文明学者でもある私の確信なのです。――<「はじめに」より>●復元力をもつ日本文化●ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ●発揮されるべき雑種民族の強み●原発事故は偶然ではなかった●日本の進化に不可欠な首都移転●母系性社会と「女の力」●皇室という「文化の祖型」●仏界入りやすく、魔界入りがたし●地上最大の宗教「アメリカ教」●アジアの手本となれ

定価922円(税込)

ISBN9784062727242

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto