刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

コレステロール値が高いほうがずっと長生きできる

コレステロール値が高いほうがずっと長生きできる

浜崎 智仁

健康神話をくつがえす新しいガイドライン!「バターより植物油が安全」は間違いだったコレステロールには善玉も悪玉もない。では、なぜ「コレステロール薬」は処方されるのか?一般に体によいと考えられている植物油は、有害なn-6系脂肪酸と体にいいn-3系脂肪酸のバランスから見直すと、ほとんどが体によくない。とりわけ大豆油、ゴマ油、コメ油、コーン油、グレープシード油、昔の紅花油などはリノール酸(n-6系脂肪酸)の比率が高い。また、カノーラ油、パーム油、オリーブ油などの植物油には、動物実験で発がん性、脳出血、腎障害などの有害作用が認められている。植物油に水素を添加して固形化したマーガリンやショートニングは、安全性に問題があるので調理に使わないこと。むしろ、肥満の原因と敬遠されがちなバターやラードを利用したほうがいい。(中略)植物油の中でもっとも安全なのは、シソ油/エゴマ油だ。その大半がα-リノレン酸(n-3系脂肪酸)でできているからである。――<第4章より>●コレステロールは「金のなる木」●スタチンの催奇形性●食事療法は信じられるか●植物油はいらない●リノール酸は極力減らすべし●「腹八分目」で寿命は延びるのか●「低炭水化物食」のススメ●「基本の食」に立ち返る●ヒトの脂肪が果たす重要な役割●なぜ、痩せようとするのか

定価922円(税込)

ISBN9784062726993

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto