刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

悪代官は実はヒーローだった江戸の歴史

悪代官は実はヒーローだった江戸の歴史

古川 愛哲

幕府に対し抗議の切腹! 婚活支援も代官の仕事!「水戸黄門」が描く江戸時代は史実と正反対!?借金だらけの質素な生活に文句もいわず、領民の生活向上のために汗を流した真の武士今日、代官といえば「悪代官」が定番である。頭巾をかぶり、お忍びの姿で豪商を訪れ、山盛りの切り餅(二十五両の包み)を前に、「むふふ、お主もワルじゃのぉ」「お代官様にはかないません。わっはっはっ」と「賄賂を取り放題、悪行三昧」の場面をテレビなどで見かける。これは大正時代に一世を風靡した、立川文庫の講談本『水戸黄門漫遊記』から始まるようだ。そして、昭和44年(1969)8月から始まったテレビの『水戸黄門』により、代官は完全に悪役の汚名を着せられ、世間に定着させられたのである。しかし、江戸幕府の270年にわたる繁栄を支えたのは紛れもなく代官たちであり、そこには多くのドラマが隠されている。●徳川家康も一目置いた名代官とは●「婚活」の世話も代官の仕事?●代官と商人の涙ぐましい関係●江戸時代の百姓一揆は1件だけ?●代官も直面した中間管理職の苦悩●超多忙だった南町奉行・大岡越前●「遠山の金さん」のリアルな姿●時代劇には登場しない無頓着代官●代官が行った世界初の偉業とは●アメリカの土を踏んだ代官の無念

定価922円(税込)

ISBN9784062726900

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto