刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

日本の花火はなぜ世界一なのか?

日本の花火はなぜ世界一なのか?

泉谷 玄作

伝説の名人花火師が職人魂を初公開!6.5秒に6回変色!動体視力の限界超えてどこまで進化!?花火鑑賞必携!花火写真の第一人者が、入門知識から最高技術までを徹底ガイド!明治時代に単色の「和火」を脱して、色鮮やかな「洋火」となった日本の花火は、花火師たちの努力によって、めざましい進化をとげていった。とくに大正から昭和にかけての時代、「名人」と呼ばれる花火師たちが登場する。彼らは互いに切磋琢磨、技を磨き上げて現代花火の基礎を作り上げた。「五重芯」の10号玉は、高度330メートルの夜空で「開発」すると、星々(火薬粒)がいっせいに四方に飛散し、320メートルの外輪の内側に五重の輪を描く。星の燃焼時間は約6・5秒。現在の星の中には6・5秒のうちに6回もの変色をとげるものさえある。6・5秒という時間の中で表現される「五重の芯」「6回の変色」は、実は肉眼での確認は難しい。驚くべきことに日本の花火は、肉眼で認識困難な領域にまで、踏み込んでいるのである。●日本の花火が世界一になった理由●「花火の神様」と呼ばれた男●花火の変化は動体視力を超えた●名前を知れば花火がわかる●菊と牡丹――日本花火の2大スター●五重芯――日本花火の精妙美の極み●10号玉――割物が最も映える大きさ●先の変化と後の曲――変幻する光●江戸花火「鍵屋」と「玉屋」のなぞ●蔡國強、モダンアートとしての花火

定価1100円(税込)

ISBN9784062726597

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto