刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

デキる弁護士、ダメな弁護士

デキる弁護士、ダメな弁護士

内藤 あいさ

カリスマ弁護士に学ぶ「見抜き方」依頼の仕方、弁護費用、素朴な疑問に答える医療過誤、株主総会、特許権侵害、中国ビジネス、会社更生、国との税務訴訟にも勝つ!日本では刑事事件は、起訴されれば九九・九パーセントが有罪になる。なかでも、特に無罪を勝ち取ることが難しい事件があるのだという。「それは政治家の事件です。なぜなら、国策捜査だから。事件が全部“作られて”いますから、それを崩すのはとても難しい。(略)事実上、“狙われたらもうおしまい”で、裁判所も、政治家の事件に客観的に取り組もうという姿勢はない。つまり、政治家の事件は無罪にはなり難いのです」弘中は、収賄容疑で逮捕・起訴された鈴木宗男被告人の弁護人をつとめている。(略)「検察官側がぜんぶ筋書きを作っています。証人訊問でもぜんぶ脚本ができています。関係者はそれを暗記して臨むのです。“作られた脚本(原稿)”そのものを一部入手したことだってありますよ」――<第1章より>●「ロス疑惑事件」 弘中惇一郎●マスコミが変われば裁判も変わる●総会屋対策 久保利英明●プロデューサーとしての弁護士●「青色LED訴訟」 升永英俊●「1票の格差」訴訟を闘う●中国ビジネスの守護神 村尾龍雄●「中国は人脈がすべて」ではない●会社法とM&Aの未来 中村直人●労働市場も競争型に変わるのか

定価922円(税込)

ISBN9784062726474

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto