刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

フーゾクの日本史

フーゾクの日本史

岩永 文夫

万葉集の時代から脈々と受け継いだエッチのDNA遊行女婦、白拍手、花魁、ソープ嬢、そして、ヘルス嬢が彩る、もう一つの日本史とは?ところで、玄人と呼ばれる女性たちの仕事を筆者は現代の有り様をもあわせてフーゾクと呼んでいる。それは遊女のいた遊廓から私娼のいた岡場所、いや江戸時代だけではなく、それ以前の遊行女婦やあそび女、くぐつ女、白拍子、江戸以降の矢場女や銘酒屋の酌婦、赤線の女にソープ嬢。さらに実際にはセックスをやらないで射精だけをうながす現代のヘルス嬢などのニューフーゾクの女性たちすべてをもって。(中略)それを万葉の昔から現代までのさまざまな時代の文学作品を通して、その中に描かれているフーゾクのいろいろを眺めてみると……、そこにもう一つの日本史が立ち現れてくるのだ。これが実に面白い!――<「まえがき」より>●『万葉集』に登場する遊行女婦●一夜の値段は穀一升か布五尺●鎌倉幕府と遊女別当●吉原の華だった花魁おす川●荷風が記した“吉原初体験”●赤線・青線・白線・黒線●売春防止法で消えた娼婦の街●トルコ風呂からソープランドへ●京都・花街のフーゾク●一九八〇年代のフーゾク大革命

定価922円(税込)

ISBN9784062726276

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto