刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

47都道府県の関ヶ原 西軍が勝っていたら日本はどうなった

47都道府県の関ヶ原 西軍が勝っていたら日本はどうなった

八幡 和郎 プロフィール

もし、秀吉がもう少し長生きしたら、あるいは、関ヶ原で西軍が勝っていたら、日本は西欧諸国に先駆けて絶対主義的国家への変身に成功したであろう。人類文明の牽引車となることも可能だったのではないか。「関ヶ原で西軍が勝っていたら」ということを考えることは、このところ後ろ向きになりがちな日本の将来像を考えるうえで、素晴らしい示唆に富むと信じるのである。西軍の勝利なら、日本は世界史の主役だった ナポレオンに先んじた世界の近代化の英雄・秀吉の実力がここに。直江兼続ら「関ヶ原」をめぐる全国諸大名の消長、天下分け目の真相を余すところなく実況中継する。

定価964円(税込)

ISBN9784062725750

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto