刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

肝臓病の「常識」を疑え! 世界的権威が説く肝臓メンテナンス法

肝臓病の「常識」を疑え! 世界的権威が説く肝臓メンテナンス法

高山 忠利

アルコールの害、ウイルスの恐怖に新常識あり本当の「敵」を知れば、肝臓病は怖くない!酒の飲み方、脂肪肝、肝炎の最新治療法から肝がん手術、生体肝移植の知識まで丸わかり!肝がん手術の技術は、この20年で飛躍的に進歩しました。ステージ1なら5年生存率は90%、ステージ2でも70%を超える時代です。20年前は、肝臓を切ると5000~1万ccという大量出血を起こしていた時代でしたが、今では丁寧に止血をしながら手術を進めることによって、平均で1000ccという出血量にまで抑えることができるようになっています。私たちの外科チームが行う肝がん手術であれば、出血量の平均は400ccほど。だから輸血の必要もありません。駅前で行われている献血の採血量以下に抑える、これが私たちのモットーです。当然、患者さんの体にかかる負担も大きく違ってきます。輸血による肝臓への負荷も避けることができます。●お酒は肝臓の「大敵」なのか●肝臓病にシジミはNG●脂肪肝=内臓脂肪?●痩せれば全部解決か?●肝がん発生の確率●ウイルスを抑える飲み薬●B型肝炎の感染ルート●インターフェロンの効果●C型肝炎の超最新治療●肝がんでもあきらめるな!

定価880円(税込)

ISBN9784062724814

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto