刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

がんを狙い撃つ「樹状細胞療法」

がんを狙い撃つ「樹状細胞療法」

高橋 豊
岡本 正人

からだの中のがん細胞だけやっつける!「がん抗体」の正体としくみがわかった手術、抗がん剤、放射線に続く第4の治療法。最新科学に基づく「免疫療法」が一般治療開始。「樹状細胞療法」にはどのような特徴があるのでしょうか。最も端的な特徴は、複数の転移病変があるような場合でも、一つの転移病変に樹状細胞を打ち込むだけで、その転移病変ばかりでなく、他の転移病変にも反応が認められることです。もしも、樹状細胞ががんを直接攻撃したり、単に貪食するだけなら、打ち込んだ転移病変にしか変化が見られないはずです。実際、抗がん剤や遺伝子治療などの局所注入は、注入された部位にしか反応は出ません。「樹状細胞療法」では、転移病変に打ち込まれた樹状細胞ががん細胞を認識し、リンパ球などにがんを攻撃するよう命令を出します。忠実にがんの特徴を理解したリンパ球は、体の隅々でがんを攻撃するため、他の治療とは異なり、すべての転移病変に反応を示すのです。●三大治療の限界が見えてきた●がん治療に不可欠な武器「免疫力」●進化してきた「免疫療法」●解明されてきた樹状細胞の働き●自己がん組織でオーダーメイド●樹状細胞の腫瘍内投与という奥の手●局所療法でも「全身的」な効果●急増する「新・がん難民」●がんの「休眠」から「永眠」へ●“末期がんビジネス”の実態

定価922円(税込)

ISBN9784062724616

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto