刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

自治体倒産時代

自治体倒産時代

樺嶋 秀吉

夕張市の破綻を「対岸の火事」とは笑えない! 自立か、自主再建か、「核マネー」に頼るか。「高負担、低サービス」時代がやってきた。今こそ「住民の自治能力」を発揮しよう!夕張市の破綻を「対岸の火事」とは笑えない!自立か、自主再建か、「核マネー」に頼るか。「高負担、低サービス」時代がやってきた。今こそ「住民の自治能力」を発揮しよう!夕張市社会福祉協議会のマイクロバスに、午後1時を過ぎると人工透析を終えた患者が次々と乗り込んできた。数時間にわたる透析を受け、見るからに体がだるそうだ。(略)その1人、夕張腎臓病友の会副会長の志茂幹雄さんは次のように語る。「昨年(2006年)6月に財政破綻が発覚したときには、病院は公設民営になるが、透析は続けられるということだったので、安心していた。ところが11月になって、継続は難しいということになった。夕張市はわれわれの命をどう考えているのか。切り捨てようというのか。(略)」志茂さんたちは、いまは市社協が負担してくれているガソリン代などの実費を、いずれ患者全員で負担するつもりだという。 ――<本文より>●ルポ・財政破綻の夕張市を歩く●関空バブルに踊った泉佐野市●スキー場で破綻した王滝村●「自立」する矢祭町の不安●自主再建を選んだ泉崎村●平成の大合併と住民サービス●住民にやさしい自治体●「ふるさと納税」構想の背景●「最後の頼み」は核マネー●自治体倒産時代に備える

定価880円(税込)

ISBN9784062724593

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto