刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

時代劇の色気

時代劇の色気

島野 功緒

尾上松之助「内蔵助」から、里見浩太朗「黄門さま」まで。この痛快さ面白さが今の“一服の清涼剤”水戸黄門、大奥、忠臣蔵、鬼平、新撰組。時代劇の王道を裏話たっぷりに斬りまくる!戦前の時代劇は、政府の思想弾圧に対する逃避、あるいは、ささやかな抵抗として発達した。“一服の清涼剤”と呼ばれたのは、そのためである。戦後の高度成長の時代に、時代劇の魅力が色褪せたのは、けだし当然かもしれない。しかし、いろんな意味で閉塞感が強くなったいま、時代劇の痛快さ、面白さが、もう一度見直されてもいいのではないか。池波正太郎や藤沢周平原作の映像化によって、女性や若い層に時代劇ファンが増えたのは結構なことで、時代劇の流れや基本的知識があれば、さらに面白くなるはずである。この本は入門書というような固苦しいものではなく、時代劇横丁の散歩のつもりで書いた。それも気ままな散策と思っていただこう。●三倍楽しめる基礎知識●一両はざっと十万円●庶民の夢が生んだ「水戸黄門」●森繁の予定が東野英治郎に●マンガのような由美かおる●宝の持ち腐れ“大奥ドラマ”●『忠臣蔵』大安売り●戦前最高の内蔵助は大河内●大忙しの大岡越前守●鬼平、やはり吉右衛門

定価880円(税込)

ISBN9784062724531

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto