刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

一度も植民地になったことがない日本

一度も植民地になったことがない日本

デュラン れい子

日本は不思議でエレガントな「世界の孤児」ヨーロッパ人は毎日、日本の話をしている9・11のテロを「カミカゼ」と呼ぶ、ヨーロッパ フツー目線の、赤裸々な日本人評満載!今、ヨーロッパの人々は、日本について毎日話しています。誤解や思い込みもありますし、偏見に満ちた見方をされていることもなきにしもあらず。ところで、私はヨーロッパで30年以上暮らしていますが、日本についてヨーロッパではよく知られているのに、日本人がまったく知らないということがあります。たとえば「日本は、アジア・アフリカで植民地にならなかった稀有な国だ」というのは、ヨーロッパではごく一般的に言われていることなのですが、最初に聞いたとき、驚きました。このような、ヨーロッパにおける日本についてのうわさ話、つまり、有名な政治家や大企業の社長や学者が話しているのではなく、街のフツーの人々が日本について話していることをピックアップすると、なんだか日本の本当の姿が見えてくる気がしました。●9・11がKAMIKAZEとは!●なぜフランスで浅間山荘事件?●自衛隊をめぐる禅問答●恨みを忘れないヨーロッパ人●植民地になったことがない日本●黒人にも偏見を持たなかった信長●MANGAはもはやフランス語●日本人は出世すると思っている●日本人は子どものしつけを知らない●「すみません」は潤滑油

定価922円(税込)

ISBN9784062724487

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto