刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

北朝鮮に備える軍事学

北朝鮮に備える軍事学

黒井 文太郎 プロフィール

将軍様がボタンを押せば10分で日本は被弾する!!日本の国防はファンタジーの上に成り立っている!!米国が自国の危機を顧みず、核の傘を提供する動機は今や消滅している。どうする日本!?北朝鮮がいくら核武装したからといって、それを自ら先に使用するということは考えられない。だが、問題は、あそこはもういつ何時、有事が勃発してもおかしくない状況にあることだ。戦争が起きて平壌が火の海となり、金正日が「もはやこれまで」と観念したとする。この際、生きてサダム・フセインのような醜態を晒すよりは、憎きアメリカになんとか一矢報いて栄光ある最期を遂げたい……と考えるかもしれない。すると、平壌でこんなやりとりが交わされる可能性が出てくる。「今、わが共和国の軍にはどのような手段が残っている?」「はい、将軍様! 山中の極秘基地に隠した核搭載ノドンが1基だけ生き残っております。米本土には届きませんが、在日米軍基地には届きます」「よし、それを発射せよ!」●核&ミサイル ホントの脅威度●北は核爆弾を何個持っているか?●北朝鮮軍はどれほどの実力か?●米軍単独の空爆はありえるか?●ミサイル発射を捕捉する方法●ノドンは撃ち落とせるのか?●スパイによる情報は意外と少ない●日本のテロ対策は大丈夫か●米国は日本国民を守ってくれる?●それでいいのか、日本の防衛

定価964円(税込)

ISBN9784062724159

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto