刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

ホラーハウス社会

ホラーハウス社会

芹沢 一也

「週刊文春」ミヤザキ学習帳が選んだ2005年度新書第1位『狂気と犯罪』の著者による話題作!凶悪犯罪は急増していない!!保護の対象であった少年と精神障害者はなぜ「怪物」扱いをされるようになったのか?これまで法の下で、「人間」として扱われてこなかった少年と精神障害者たちであった。そうしたなかで、彼らを人間にしようとする努力がなされていた。ところが、そのような姿勢が決定的に説得力を失っていくなかで、今度はきわめて「危険」なものとして、彼らをいわば退治しようとする姿勢に様変わりしたのだ。つまり、現に起こったことは、人間とみなしてこなかったものたちを、人間として扱おうとするのではなく、それどころか、今度はそうしたものたちを「怪物」として排除する方向へと変容したのだ。わたしたちの社会は怪物を抱え込んだ。そして怪物の脅威から身を守るために、「秩序」への防衛意識が立ち上がった。そのような意識の下、現在さらなる治安管理に突き進んでいる。●少年犯罪は凶悪化しているのか●「山形マット死事件」の真相は●どの時代にも起きていた凶悪事件●不気味な少年への恐怖と不安●救済と治安のための精神病院●精神病院のトラブルメーカーたち●「動機なき犯罪」とは何か●変質者を野放しにするな●悪の芽を見逃さない「割れ窓理論」●エンターテインメントと治安

定価922円(税込)

ISBN9784062723565

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto