刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

「名君」「暴君」大逆転の戦国史

「名君」「暴君」大逆転の戦国史

新井 喜美夫

信玄、家康、光秀、早雲、道三たちの人間力の真実山内一豊は善将。石田三成の軍略!歴史が変わる!!埋もれていた資料から歴史を徹底的に再構築!NHK大河ドラマで戦国史を2年連続放映!!山内一豊といえば、真田幸村や大谷吉継のような名将でもなければ、福島正則や加藤清正のような勇将でもない。けれども、これらの名将の多くが40代で世を去っていくなかにあって、この山内一豊は59歳まで生き続け、順調に出世していった。織田信長の馬廻り衆としてわずか50石の下級武士から身を起こし、死亡したときには、徳川家康の外様大名の1人として、土佐浦戸の20万2000石の領主の座にあったのである。孫子のいう「善将」とは、あるいは一豊のような人物をさしているのかもしれない。●妻のへそくりは必要だったか●川中島へのインフラ整備●謙信に与えた逃げ道●領民重視の租税政策●「ほととぎす」とは誰か●光秀の全国行脚の狙い●全国10ブロックの統治システム●道三と早雲の大きなちがい●「社長室長」としての権威と所得●「三本の矢」の真実

定価880円(税込)

ISBN9784062723510

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto