刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

「日中友好」は日本を滅ぼす!

「日中友好」は日本を滅ぼす!

領土、靖国、教科書問題を超える日本の視点「反日」暴動は歴史からの警告だった!!古代史以来の“中国文明コンプレックス”がハラリと落ちる、衝撃の日中関係史!!飛鳥時代から江戸時代に至るまでの、日本の「治」「乱」の変遷をこう見てみると、やはり、日中関係の深さに関連するように思えてならないのである。天智天皇の近江朝廷、清盛の平家政権、秀吉の豊臣政権、中国と深く関係した政権はことごとく短期間で崩壊したのに対し、中国と没交渉か関係の薄い平安時代、江戸時代において、日本史上もっとも平和な“繁栄の時代”を享受できたのはなぜだろうか。近・現代史においても、この不思議な関連性がはっきり見て取れる。……昭和20年の終戦から47年の日中国交回復に至るまでの27年間、日本はふたたび中国大陸と隔離された関係にあった。そして、この期間、日本は驚異的な高度経済成長を成し遂げ、戦後の繁栄を築き上げる“黄金の時代”となった。これは一体、どういうことだろう。●仏教に隠された大和朝廷の戦略●中華を超えて「日本文明」が誕生●日本は「もう1つのヨーロッパ」●「脱亜入欧」による明治国家の自立●「アジアとの提携」は災いの元●台無しにされた聖徳太子の遺産●日本は「潜在的敵国」である●米中二大国の論理がぶつかる時●日本企業の受難はこれからだ●さらば、幻の「日中友好」時代

定価922円(税込)

ISBN9784062723275

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto