刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

発達障害と子どもたち

発達障害と子どもたち

山崎 晃資

自分の子がなんとなくちがう、と感じたら目を合わせない反応がない……育て方のせい?知的レベルが高いため、見えにくい障害。理解されない子どもの孤独と悩みは深い。軽度の発達障害の子どもたちは、知的レベルは正常範囲にありますので、一般の人には障害があるようにはみえません。とくにアスペルガー症候群は幼児期や児童期に気づかれることが少ないので、ある年齢に達して障害があると気づかれるまで、「風変わりな子」「つき合いにくい子」などとみられて育ちます。かわいげがないと思われ、非常にネガティブな対応をされていることが多くあります。場合によっては、親や周囲から虐待やいじめを受けていることもあります。それらの被害体験が積み重なって育つため、周囲に対しても過敏で、とてもささいなことにも大きく反応してしまいがちです。●少年犯罪の背景にあるものは●不可解な子はアスペルガー?●親を責めても解決にならない●「これから、自殺、します」●子どもをダメにする親の態度●親にサインを送れない子ども●風変わりな人、よくわからない人●特徴的な行動からわかる自閉症●子どもの様子に不安を感じたら●人生は帳尻が合っている

定価922円(税込)

ISBN9784062723145

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto