刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

狂気と犯罪

狂気と犯罪

芹沢 一也

強制治療は人道主義の仮面を被った「保安処分」だ無秩序に収容されてきた精神障害者たち患者数、病床数、入院日数のすべてが世界一。精神障害者を取り巻く、驚愕の歴史と現状!!江戸時代の刑事裁判、そして明治に入ってから旧刑法のもとにあった裁判も、関心を寄せていたのはただ犯罪という事実であった。そこで問われていたのは常に、「おまえは、一体どのような『犯罪』を行ったのか」ということだった。だが、われわれの時代の刑事裁判は、そうではない。犯罪事実だけでなく、さらに犯罪者の性格を考え合わせた上で、刑罰を決定しなくてはならなくなったのだ。ここでもまた、個性が問題となったのである。そこでの問いは、したがって次のようなものとなった。「このような犯罪を行ったおまえは、一体『何者』なのか」われわれの刑事裁判は犯罪行為とともに、あるいはそれ以上に、法を犯した人間そのものに関心を向けなければならなくなった。犯罪者の性格をも同時に、裁かなくてはならなくなったのだ。●徘徊する浮浪者を排除せよ●文明と裸体の取り締まり●精神障害者管理は家族の責任●無用とされた精神病治療●江戸時代と刑法第39条●法の世界から排除される「狂気」●精神障害者の人権か社会の治安か●精神病院ブームへの公的援助●触法精神障害者という厄介●「狂気」の脱犯罪化へ

定価880円(税込)

ISBN9784062722988

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto