刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

悪の三国志

悪の三国志

茅沢 勤

知られざる歴史秘話! 三巨頭の謀議の全貌!!東アジア「最後の火薬庫」北朝鮮。その卑劣なまでの両天秤外交の起因となった朝鮮戦争の「真実」を旧ソ連、中国の極秘資料をもとに炙り出す。ソ連、中国、北朝鮮の野望史!!朝鮮戦争の休戦から50年以上経ったいまも、韓国には国連軍として米軍が駐留し、北朝鮮と対峙(たいじ)。南北朝鮮両国間の対立状態、“戦闘状態”は続いており、依然として、朝鮮半島における冷戦の構図は基本的に変わっていない。それどころか、これまでも北朝鮮が挑発的な言動を弄(ろう)し、一触即発の危機は消えていない。いま、再び北朝鮮の動きをめぐって、朝鮮半島を含む北東アジア情勢は危機的な雰囲気が高まっている……その構図を作り上げたもともとの原因は、朝鮮戦争によって形成されたといってよい。いま、その危機的な状況を作り出した朝鮮戦争勃発当時に立ち返って、当時の状況を分析してみる必要があるのではないか。●封印された奇襲攻撃●旦那と男めかけ●追い詰められたスターリン●社会主義失格の世襲国家●マーガリン共産主義者●回避された「日本占領」●弄(もてあそ)ばれる中国●幻の「金日成亡命計画」●生贄にされた毛沢東と金日成●独り歩きできない北朝鮮

定価964円(税込)

ISBN9784062722551

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto