刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

道交法の謎

道交法の謎

高山 俊吉

不合理、不公平がまかり通る!!これでいいのか!?実態にそぐわない規制、不意打ちの取り締まり、裁判抜きの処分!!その結果、国民の大半を“犯罪者”にしてしまう法律・道交法。誰も知らないその謎をNo.1交通弁護士が明かす!!道交法をきちんと守っている人はほとんどいません。それは「国民のほとんどが犯罪者」となっていることを意味します。多くの人は知らないと思いますが、「赤切符」を切られた人は、警察の記録上では「前科」としてカウントされているのです。「前科3犯」というと、凶悪な人物を想像しますが、調べてみると全部スピード違反だったりすることがあり得るわけです。近代的な法治国家であり、最近までは治安のよさを海外に誇っていた日本とその国民が、こと道交法についてはまるで「犯罪者国家」の様相を呈しているのです。これが謎でなくて何でしょうか。それに加えて、公正でないように見える違反取り締まり、守れるはずがないと思える規制。道交法は謎だらけの法律なのです。そして最近、その謎はさらに深まろうとしています。●「道交法」は謎だらけ!●巧妙になる一方の取り締まり●警察の反則金収入は年間800億円●「危険運転致死傷罪」はザル法●駐禁取り締まり民間委託を疑え●Nシステムは「警察国家」への道●意外に多かった「不起訴処分」●なぜ安全な道で取り締まるのか●供述調書にウソを書かせるな!●飲酒運転の本質を警察は知らない

定価922円(税込)

ISBN9784062722506

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto