刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

50名山の歩き方 名景の撮り方

50名山の歩き方 名景の撮り方

高野 多喜男

山岳写真の絶景ポイントと最善コースをガイド!!御来光、雷鳥、お花畑、ピークなど、撮影に最適の季節や時間、三脚を立てる位置、カメラ、フィルムの選択まで解説。初心者からベテランにも役立つガイドブック!!写真撮影に関しては、涸沢岳(3110m)は奥穂高以上に価値ある撮影地といえる。ジャンダルムを写すにも角度がよく、穂高の全体も画面におさまる。北穂高が眼前に迫り、登山者の姿も確認でき、槍ヶ岳も一緒に写せる。山頂より西のピークに移動すると、滝谷が眼下に見えるし、笠ヶ岳の形がよい。「穂高岳山荘」からの登山路は危険個所もなく、南むき稜線で日当たりがよいので、春の雪どけもほかより早い。穂高主稜線には適当な間隔でピークが連なっているため、撮影レンズは標準系1本でも間に合わせられるほどで、長焦点と広角があれば十分だ。三脚を持参せず、低速シャッターで写す場合のカメラブレを防ぐには、岩の上にザックやタオルを置いてカメラをすえ、水平を保ちながら慎重にシャッターを押す。●峡谷の撮影は上流にむかって撮る●残雪期に写したい五龍の大岩壁●スイス庭園を通りギリシャ庭園へ●撮影山行には笠新道を下降路に●ジャンダルムは夕日が似合う●富士山と北岳が並んで写せる●南アルプス1番のお花畑に遊ぶ●中央・北アルプス全体が写せる●雲海に浮かぶ月山と鳥海山●花を撮るためのカメラ機材の準備

定価964円(税込)

ISBN9784062722483

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto