刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

100年住める家のつくり方

100年住める家のつくり方

中田 清兵衛

安心できる家と安心できない家のつくり方、ここが違う!!第1に住み心地のよさ。第2に地震などの災害から家を守ること。第3に防犯。第4に住宅の欠陥保障。そして100年以上長持ちする家づくりが究極の安心につながる。これまでに、いろいろな建築のデザインを手がけてきましたが、ぼくにとってもっとも興味深く、そして難しいのが住まいのデザインといえそうです。 21世紀にはいって、我が国の住まいづくりは、これまでのどちらかといえばつくり手、売り手主導から、住み手主導の時代へと展開しつつあります。住宅購入者の保護を目的として、住宅の品質と性能の向上をはかるため、2000年に制定された「品確法」は、まさに画期的な新法といえます。 このような新法をはじめ幅広い知識があってこそ、住み手主導の住まいづくりができるのではないでしょうか。 そこで、大げさにいえば、ビッグバンのように拡大した、住まいへの知識全般と住まいづくりについて、ぼく自身の体験も含めて、できるだけわかりやすく説明しました。●住まいには「へそ」が必要です●悪条件の敷地に、広く使える家●安全な階段と危険な階段●広さの目安は1人9坪●天災は忘れたころにやってくる●階段は左回りで火から逃げる●災害に弱い危ない間取り●泥棒もあきらめる10分間●暖房費のいらない家づくり●100年以上長持ちする家づくり

定価880円(税込)

ISBN9784062722230

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto