刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

LD・ADHDは病気なのか?

LD・ADHDは病気なのか?

金沢 治

米国から輸入された「LD」は、日本の迷惑昔「不器用児」といわれた問題が、米国で「LD・ADHD」という概念が作られ、日本に輸入された。これが、日本の教育・医療の欠陥から「重大な病気」とされた。本当の診断基準から、治療法までを小児科医が解き明かす!子供の心がわかる話題の本!あいまいな診断基準が新たな誤解・偏見を作る!!「個性」としてとらえるべきことも、「LD」「ADHD」と診断されて、「脳の病気」とされてしまう。本当の診断基準から、治療法までを小児科医が解き明かす!LDもADHDも、視点を変えれば、「脳の発達のしかたの個性」と見てよいのかもしれません。認知能力の全分野がまんべんなく、同じ速度で相まって発達するのが理想的ですし、ほとんどの子どもがおおむねそのような発達をします。しかし、脳の一部分が何らかの理由で少しだけ遅れて発達するということで、子どものころにアンバランスな表現を示し、それが行動や行為に現れてくるのが、LDやADHDとして診断されるものです。教師や保護者などが困るという状況が多いようですが、理解のしかたのまずさが生んでいる悲劇が多いのです。<LD・ADHDは病気なのか?>●アスペルガー症候群●LD・ADHDはどう違うのか●LDと精神遅滞との違い●LDを調べる脳の検査●LDと児童虐待の背景は異なる●一億総ADHDなのか?●LDを疑わせる兆候●安易に使用される診断名●厚生労働省のチェック・ポイント●LDの治療・まず原因を調べる

定価968円(税込)

ISBN9784062722025

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto