刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

異文化間コミュニケーションの技術―日米欧の言語表現

異文化間コミュニケーションの技術―日米欧の言語表現

鈴木 寛治

「next」は「今度」か、「次」なのか?表現技術の差はここにある!!「本音と建て前」の日本語と「本音」文化の英語。心と表現のギャップ、英語同士でも誤解や混乱を招く表現を具体例で紹介。日米欧の表現の相違を知れば真の意思疎通が図れる!近年、異文化理解のためのコミュニケーション研究が盛んである。しかし、多くは日英比較文化論や日米比較文化論でしかない。これでは異文化の文字が泣く。いまやアメリカとEU、そして日本の時代である。単一の国との比較文化論を論じているときではない。特にヨーロッパにおいては、EU主要国であるドイツ・フランスを論じることなしに文化を理解するのは不可能だ。ヨーロッパ文化を理解して初めて日本の活路が開かれる。本書では、異文化間コミュニケーションの根本である言語表現を、わかりやすく例をあげて分析し、正確に把握する方法を説いた。日本語表現と比較しながら、英語を中心とした各種のヨーロッパ言語表現の神髄を理解し、彼らの考え方を探ろうというものである。個人が情報を正しく分析できて初めて、真のコミュニケーションが図れる。<異文化間コミュニケーションの技術 日米欧の言語表現>●欧米人から見た難解な日本語表現●進化する日本語●英語同士なのに意味が通じない●英語だけでは英字新聞は読めない●コミュニケーションを円滑にする●心と表現のギャップ●英語は本音、日本語は建て前●褒(ほ)める文化、謙遜する文化●「ASAP」は何のこと?●ちょっと俗な言い回し

定価858円(税込)

ISBN9784062722001

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto