刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

急増する犯罪リスクと危機管理

急増する犯罪リスクと危機管理

小林 弘忠

犯罪件数は過去最悪!! 50人に1人が被害者に! ピッキング、自動車盗、外国人犯罪、メル友殺人、ストーカー、盗撮・盗聴……。犯罪が多発する一方で検挙率は史上最低を記録。日本はもう「安全大国」ではない! これまで人口10万人あたりの犯罪発生率がもっとも高かったのは、1948(昭和23)年の2000であった。当時は太平洋戦争後の大混乱のさなかであり、特異な時期といっていいだろう。その後、発生率は減りつづけていたのだが、73年の1091を底にふたたびアップ、88年から1300台、93年から1400台、以後、97年1506、98年1608(数字はいずれも『平成13年版 犯罪白書』)となり、ここへきていきなりポンと2000台を飛び越えてしまった。国民の50人に1人が何らかの犯罪に遭遇している勘定である。 それでいて、刑法犯の検挙率は年々下がる一方で、2001年はとうとう20%を割った。273万5612件のうち19.8%しかつかまらないという史上最低率となってしまったのだ。

定価858円(税込)

ISBN9784062721707

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto