刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

野鳥売買 メジロたちの悲劇

野鳥売買 メジロたちの悲劇

遠藤 公男

法の網をかいくぐって横行する密猟・密売! 禁止のメジロを平気で飼う「愛鳥家」たち。動かないお役所。輸入証明書とひきかえに殺される中国産メジロ。見すごされてきた野鳥売買の驚くべきカラクリを暴く! ・有名無実の「鳥獣輸入証明書」 ・中国「野鳥市場」を歩く ・愛鳥レストラン ・「収鳥站(しゅうちょうたん)」は野鳥の強制収容所 ・輸入メジロはゴミになる!? ・売れないメスはギョーザの具に ・鳴き合わせマニアは愛鳥家か ・わが国最大の野鳥密売事件 ・200万円の横綱メジロ ・野鳥を1000羽解放した男 密猟鳥で食っているという噂の東京西部の小鳥店、「鳥源(とりげん)」を訪ね、中国産メジロはないか聞いてみた。 「あんなもん仕入れたって、ゴミ袋に入れて捨てるばかりですわ」思わずのけぞった。輸入メジロをゴミに出すとはなんたる無惨。 「メジロは国産の飛びっ子じゃないとダメ。ほら、こんなですよ」「それに鳥獣輸入証明書がつきますか?」「当たり前だよ、お客さん。ところでこのメジロはどうします?」鳥源の親父は、極太の金の指輪をはめた手で、誘うようにかごを半まわりさせた。 商売人は百も承知で、輸入メジロを国産メジロにすり替えて売っている。だから店では、じろじろ見られるのを嫌うのだ。

定価880円(税込)

ISBN9784062721639

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto