刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

奇跡の新薬開発プロジェクト

奇跡の新薬開発プロジェクト

梅田 悦生

世界中の痴呆を救った新薬誕生、14年間のドラマ!! 「薬のノーベル賞」であるガリアン賞特別賞ほか、多数の賞を受賞した画期的な新薬の開発。 研究開発から完成までの「闘いの記録」。 世界中で家族の笑顔が甦った!! アリセブトは1983年、エーザイ筑波探索研究所で開発が始まり、1997年、世界で初めてアメリカで使えるようになるまで、実に14年の歳月が必要であった。日本で発売されるようになったのは、更に2年と10ヵ月後のことである。のべ約100人が開発に携わった。新薬は、それほどの長い時間をかけ、情熱を傾け続けて初めてつくることができる。 今いる場所がわかるか、家族の顔がわかるか、それだけのことであっても、今いる場所が自宅とわかれば、徘徊に出かけてしまうことはなくなるし、家族の顔がわかれば、再び心がかよい合う会話ができるのである。それだけのことが、どれほど痴呆老人を抱えている家族の心を慰めることであろうか。患者は薬のおかげで、家族とのふれあいが保てるのである。 ●画期的な発明 ●改善した人たちと家族の喜びの声 ●新薬開発の流れ ●アルツハイマー病とアセチルコリン ●すばらしい新薬/ピカ新 ●中枢神経にだけ効く薬の探索 ●ドラッグ・デザイン ●アリセプトの誕生日 ●国際学会発表へ ●アリセプトで救われる人々

定価858円(税込)

ISBN9784062721523

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto