刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

スポーツ経済効果で元気になった街と国

スポーツ経済効果で元気になった街と国

上條 典夫

日本、W杯「ベスト8」で経済効果3兆3000億円!! 成長中のビジネスを傘下に、スポーツ産業は「乗数効果」が高い。 飲んで、騒いで、そして勝てば、日本経済の夜も明ける。 本邦初!スポーツと経済の楽しい関係論! ●公共事業を上回る経済効果 ●スポーツを取り巻く膨大な産業 ●巨人軍が優勝したときの経済効果 ●スポーツで活気づく自治体 ●スポーツの「植民地化」国際戦略 ●プロ野球を大リーグのマイナーに ●大相撲は世界に売れるか ●世界の球団「勝ち組」「負け組」 ●球団の移転と都市の盛衰 ●イタリアに見るクラブと都市 世界最大のスポーツイベント、FIFAワールドカップ・サッカーの2002年開催は、建設、工業、商業、輸送、対個人サービスなどを中心とした産業部門の需要拡大を通じて、国内に大きな経済波及効果をもたらすことになる。日本代表が「ベスト8」に進出したケースを前提条件に調査し、産業関連表を用いて分析すると、建設投資額5711億円は、国内において1兆4407億円(建設投資額の2.52倍)の生産を誘発する。 一方、ワールドカップに関連した消費支出額は8478億円で、1兆8642億円(消費支出額の2.2倍)の生産を誘発すると見込まれる。 この建設投資及び消費支出の合計である1兆4189億円は、国内において2.33倍の3兆3049億円の生産を誘発するものと予測されるのである。

定価858円(税込)

ISBN9784062721363

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto