刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

最新現場報告 子育ての発達心理学―育つ育てられる親と子

最新現場報告 子育ての発達心理学―育つ育てられる親と子

清野 博子

「心」と出会うのは4歳!5歳で人格が固まる子も!! 発達心理学の研究分野では、とてもおもしろい、わくわくするような新事実が明らかになっている。 幼児はどのように自分の生まれた世界を認識していくのか!? ●「抱っこ」が語る大きな意味 ●人は関係の中に生まれてくる ●内面に生まれる新しい発達の力 ●有能感と基本的自信 ●遊びは心のくすり箱 ●心の理論――4歳が転機に ●5歳で人格が固まる子も! ●発達心理学が見落としたもの ●親にとって、子どもとは何か ●あなたが子育ての主人公 近年、発達心理学の研究分野では、とてもおもしろい、わくわくするような新事実が明らかになっています。生まれたばかりの赤ちゃんが、お乳をぐいぐい飲まずにちょっと吸っては休み、また吸うことを繰り返して、母親から「よしよし」と揺すぶってもらうための空白の時間帯を用意しているなんて、ご存じでしたか?「バイバイ」「おつむてんてん」をして、「ああ、できた!」とおとなに喜んでもらう。ショウ・オフ(演じてみせる)の気分を味わうことが、子どもの自信につながり、ことばを誕生させていくのですね。自分の心の中にあるものと、人の心の中にあるものは違うのだとわかる。つまり、子どもが「心」に出会うのは4歳ごろだったのです。でも、こうした情報は、現在、子育て中の親や保育者に伝わっていません。それをぜひ、伝えたいと思いました。

定価968円(税込)

ISBN9784062721332

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto