刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

金融破綻に備える個人資産の危機管理

金融破綻に備える個人資産の危機管理

山口 敦雄

どうやったら自分の力で「預金」を守れるのか!? テロや震災などの事件、銀行の倒産、大企業の経営破綻、生保破綻、損保破綻、日本版401kの導入など、個人資産のリスクは増大。何をあてにしたらいいのか!! ●バブル崩壊と日本型経営の崩壊 ●世界的な資本主義の危機 ●日本の金融システムは弱いのか ●銀行統合・合併時の「電算リスク」 ●ペイオフは預金の危機なのか ●預金防衛術はあるのか ●外国銀行への預金は有利か、不利か ●401kにはどんなリスクが ●安全なはずのMMFが元本割れの理由 ●日本版ビッグバンと資産リスクの拡大 かつて銀行は安全だといわれていた時代は、もう昔のこととなってしまったのか。銀行が倒産の危機に追い込まれるなどということは、バブル前までは信じられなかった。 預金までもが、自己責任の原則が求められるようになってきた。自分の力で「預金」を守り通さなくてはならない。「銀行も潰れる時代」、正直いって物騒な時代になってしまったのだ。 ペイオフが解禁された以上、それに対しての備えを私たちはしなくてはならない。 預金、老後資金、401k、株取引も危ない。どこにお金を預ければよいのであろうか。

定価858円(税込)

ISBN9784062721318

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto