刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

日米開戦の真実――パール・ハーバーの陰謀

日米開戦の真実――パール・ハーバーの陰謀

新井 喜美夫

真珠湾(パール・ハーバー)におびきだされた日本!!開戦は避けられた!! 満州国を既成事実として認めたアメリカ。石油の禁輸を解く用意もあった。日米が戦争に突入したのはなぜか?蒋介石、チャーチル、スターリンがめぐらした陰謀とは!? 当時、日本を支配していた軍部や貴族などの特権階級の首脳の中で、民主主義国家の精神や仕組みについて理解していた者は、皆無に近かった。もしも、このようなアメリカ国民と大統領との位置関係を、多少なりとも理解していた者があったとすれば、日米開戦を巧みに避けながら、日本の望む方向へと、アジア戦略を構築することが可能だったのではないかと思われる。 「ハル・ノート」を、米国側の日本に対する最後通牒(つうちょう)であるとみなし、ひたすら日米開戦へと突入していったことは、皇国史観を背景とする、軍部独裁国家のみがとりうる行動であったことは確かである。 個人の思想や行動の自由が保障された民主主義の国家においては、日米開戦などという無謀なことは、まずありえないと考えていたに相違ない。

定価924円(税込)

ISBN9784062720823

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto