刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

ひきこもりの家族関係

ひきこもりの家族関係

田中 千穂子

「ひきこもる」ことは、そんなに悪いことなのか!?ひきこもりの子どもたちは自分が人とうまく関われないことに苦しみもがいている。人生を賭けて訴える心の叫びに、親はどう応え、何をすればいいのだろうか!!「子どもたちの心に何が起こっているのか」。私は現代の「ひきこもり」という現象を、人間存在の原点に関わる深刻な問題であり、現代の家族関係のコミュニケーションのズレを象徴、として捉えるようになっています。関係性の再生……そのための問題提起……そう考えるようになった私の思考の流れを描きだそうとした、その悪戦苦闘が本書です。どれくらいのひきこもりの時間がその個人にとって必要か、ということは一概にはいえません。極論すれば必要な10年間、という場合だってあるだろうと私は思っています。私は人がひきこもるということ、それ自体を悪いことである、とは捉えておらず、意味ある行為と考えているからです。しかし、そのためにはひきこもっている間を「意味ある時間」にする必要があります。

定価770円(税込)

ISBN9784062720557

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto