刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

「多動性障害」児-「落ち着きのない子」は病気か?

「多動性障害」児-「落ち着きのない子」は病気か?

榊原 洋一

「多動性障害」児が学級崩壊の引き金、は本当か!?キレる子、集中できない子……増加するガマンのできない子たちは「多動性障害」か。病む子の「こころ」を守る治療法はないのか!!いまや微細脳障害治療薬リタリン使用量の急増という現象は、震源地アメリカを離れて、ヨーロッパや日本にまで押し寄せてきている。このリタリンの使用量の急増は何を意味しているのだろうか?折しも日本では、キレる子どもたちの増加や、少年による凶悪犯罪の増加が大きな社会問題になっている。現在、世界一乳児死亡率の低い国である日本に生まれた子どもたちは、世界一健康な子どもたちになるはずである。しかしそれは身体の健康であって、子どもたちの「こころ」はむしろ以前より病んでいるのではないか、と心配する声が高まってきている。病んでいる子どもたちの「こころ」と、増加するリタリンの使用量、その間に何か関係があるのだろうか。本書の目的はその疑問に答えることである。

定価770円(税込)

ISBN9784062720281

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto