刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

大学病院の奈落

健康・医療 日本分析・ジャーナリズム

大学病院の奈落

高梨 ゆき子 プロフィール

2014年、群馬大学医学部附属病院で手術を受けた患者8人が相次いで死亡。執刀したのは、40代男性医師・早瀬だった。読売新聞医療部のスクープ記事から、医学界を揺るがす大スキャンダルが発覚した。死亡例が積み重なるなかで、なぜ誰も技量の未熟な早瀬の「暴走」を止めなかったのか。その背景には、群馬大学病院内のポスト争い、学閥、セクハラ問題が影を落としていた――。2014年、群馬大学医学部附属病院で手術を受けた患者8人が相次いで死亡したことが発覚した。執刀したのは、40代男性医師・早瀬だった。読売新聞医療部のエース・高梨記者は、この事実を察知。2014年11月にスクープ記事を放ったところから、医学界を揺るがす大スキャンダルがはじめて白日のもとにさらされた。院内調査によって、さらに10人が死亡していたことが発覚。技量の未熟な早瀬が、超一流外科医でも尻込みする言われた高難度の最先端手術に挑んだのはなぜなのか。死亡例が積み重なるなかで、なぜ誰も早瀬の「暴走」を止めなかったのか。その背景には、群馬大学病院内のポスト争い、学閥、セクハラ問題が影を落としていた――。乱れ飛ぶ怪文書。患者には知らされない、保険診療の闇。旧帝大がいまだに力を振るう、医師会の勢力争い。いまなおそびえ立つ、「白い巨塔」――。高梨記者は一連の報道で日本新聞協会賞を受賞している。

定価1760円(税込)

ISBN9784062207584

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto