刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

2020年新聞は生き残れるか

2020年新聞は生き残れるか

長谷川 幸洋 プロフィール

東京五輪決定の大ニュース翌日は新聞休刊日。だが、私たちに不都合があっただろうか? それでも新聞は必要なのか? 東京新聞論説副主幹がリアルに告発する、ポチ化するマスメディア、堕落する言論。東京五輪決定の大ニュース翌日は新聞休刊日。しかし、私たちに不都合があっただろうか?新聞は本当に必要なのか?東京新聞論説副主幹がリアルに告発する、マスメディアのポチ化、言論の堕落。◇目次◇序章 こんな新聞ならもういらない?第一章 ジャーナリズムのデフレ敗戦第二章 日銀と財務省に洗脳される記者たち第三章 なぜメディアは政策をまともに論じられないのか第四章 ジャーナリストの仕事、私の流儀第五章 新聞を出し抜くネット・ジャーナリズム第六章 メディアと政府の関係を変える「オープン・ガバメント」第七章 ジャーナリズムが生き残るためにすべきこと特別収録 大鹿靖明インタビュー終章 職業ジャーナリストは何で食っていくのかもはや情報はインサイダーだけのものではない。情報公開が進むオープン・ガバメント時代はデータ・ジャーナリズムというジャンルを生み、公開データの読解からニュースが生まれている。復興予算流用問題を最初に報じたのは、フリージャーナリストが書いた「週刊ポスト」の記事だった。新聞記者の常識に反し、彼女は一人も取材相手に会わず、電話取材とインターネットだけで大スクープを放った。財務省や日銀の権威に弱く、政府の発表を検証できず、政府に不都合な真実を書かない新聞記者に、存在意義はあるのか?

定価1540円(税込)

ISBN9784062186940

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto