刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

ヒッグス 宇宙の最果ての粒子

ヒッグス 宇宙の最果ての粒子

ショーン・キャロル
谷本 真幸

ヒッグス粒子、それは宇宙・生命の存在の謎を解き明かす「巨大なパズル」の最後の1ピース「フィナンャル・タイムズ ベストブックス2012」にも輝いた世界でもっとも広く読まれる「ヒッグス粒子」の科学書2012年7月に、ついに発見されたヒッグス粒子。「質量の起源」と呼ばれるのはなぜか、対称性を自発的に破るとはどういうことか、1周27キロメートルもある巨大な加速器を使って、史上最高のエネルギーで粒子を繰り返し衝突させる必要があるのはなぜかなど、本書ではヒッグス粒子の物理について、その実験と理論の両面を平易な言葉で詳しく解説する。「ヒッグスは、われわれの日常世界を構成している普通の物質が非常に深いレベルでどのように振る舞うかを明らかにするというパズルの、最後のピースなのだ。」「標準模型が記述する複雑で多様な粒子は、もしヒッグスがなければ、互いにほとんど同じに見える特徴のない粒子に集まりに過ぎなかった。特に、すべてのフェルミオンは質量ゼロになっていただろう。その結果、原子は生まれず、化学反応もなく、われわれが知っているような生命もなかった。ヒッグス粒子は本当の意味で、宇宙に生命を吹き込んでいるのである。神の粒子などという大それた呼称に値する粒子があるとすれば、それはヒッグス以外にはありえない。」(本書より)

定価3080円(税込)

ISBN9784062186070

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto