刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

誰も戦争を教えてくれなかった

日本分析・ジャーナリズム

誰も戦争を教えてくれなかった

古市 憲寿 プロフィール

広島、パールハーバー、南京、アウシュビッツ、香港、瀋陽、沖縄、シンガポール、朝鮮半島38度線、ローマ、関ヶ原、東京……。世界に大量に存在する戦争博物館と平和博物館。僕たちは本当に戦争のことを知らないのか? それとも戦争のことが好きなのか? 若き社会学者が「戦争」と「記憶」の関係を徹底的に歩いて歩いて考える! ももいろクローバーZとの1万2000字対談も収録した決定版!誰も戦争を教えてくれなかった。だから僕は、旅を始めた。広島、パールハーバー、南京、アウシュビッツ、香港、瀋陽、沖縄、シンガポール、朝鮮半島38度線、ローマ、関ヶ原、東京……。「若者論」の専門家と思われている28歳社会学者。そして「戦争を知らない平和ボケ」世代でもある古市憲寿が、世界の「戦争の記憶」を歩く。「若者」と「戦争」の距離は遠いのか、戦勝国と敗戦国の「戦争の語り方」は違うのか、「戦争、ダメ、絶対」と「戦争の記憶を残そう」の関係は歪んでいるのでは――。「戦争を知らない」のはいったい誰なのか、3年間にわたる徹底的な取材と考察で明らかにする、古市憲寿、28歳の代表作!◆オビ推薦:加藤典洋氏「一九八五年生まれの戦後がここにある。」◆週末ヒロインももいろクローバーZとの1万2000字対談を収録!「5人に『あの戦争』に関する全20問のテストを解いてもらったら……」◆巻末に「戦争博物館ミシュラン」まで付録!

定価1980円(税込)

ISBN9784062184571

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto