刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

放射線を浴びたX年後

放射線を浴びたX年後

伊東 英朗 プロフィール

放射能は、確実にその牙を人間に対してむくことになる。数多いビキニの被ばく者は、自らの死をもって「ただちに影響はない」被ばくの「その後」を伝えている。世界に発信すべき、犯罪的な「ヒバク」とその隠蔽の歴史。今からちょうど60年前。そしてあの3.11、福島第一原発の事故から遡ること57年前。1954年、南海のビキニ環礁で、アメリカによる水爆実験が6回にわたり行われた。ここでの被ばくは、有名な第五福竜丸だけではなかった。長きにわたり隠蔽されていた、もう一つの、そして甚大な被ばく――。この海域で何も知らずに操業していた、数多くのマグロ漁船。その乗組員が大量の死の灰を浴びていたのだ。そして屈強な海の男たちは、やがて40代、50代の若さで癌や心臓病を発症し、次々と亡くなっていった……。その実態を明かすべく、高知県の高校教師と生徒たちが当事者に聞き取り調査を続けていたことを知ったテレビディレクターは、8年にわたってその成果を取材し映像化。焼き場で夫の遺骨を拾った妻は「他の人の骨はすっきり残っちょるけん、うちのお父さんのはぐちゃぐちゃになっとった」と語る。「(被ばくと健康被害について)ひとことでも言ったらここでは生きていけんかった。あん時代、日本は石炭とサカナで立て直すほかなかったけん」「いっつの時代も、損をするのは弱い者ばっかりよ」夫を亡くした妻たちが絞り出す言葉。200万ドルと引き替えに真相は隠蔽され、遺族たちは大黒柱の死について語ることも許されなかった。この犯罪的な「ヒバク」の全貌解明に挑み、絶賛を集めた映画『X年後』を撮影ディレクター自らが執筆し書籍化。「ただちに健康に影響はない」。その「ただちに」から「X年後」、何が起こるかを読者は知ることになる。

定価1760円(税込)

ISBN9784062181631

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto